wedding ring ranking

オーダーする人が多い

マリッジリング・これまでの歴史とは

結婚指輪は結婚を約束した男女が「契約」の意味を込めて交換を交わすものです。以前は既成のリングを購入するケースがほとんどでしたが、この10年間のランキング変動を見ると、海外の服飾ブランドが手掛ける結婚指輪を用意するケースや、フルオーダー・セミオーダーで指輪を用意するケースが増えてきました。ランキングではあまり取り上げられない価格帯ですが、大体2本で十万円前後のものが多く、プラチナ台のシンプルなデザインが主流だとされています。女性のリングでは、誕生石やサムシングブルーの意味を込めた青い宝石を埋め込むこともみられます。結婚指輪ランキングに関しては、結婚情報雑誌を参照すると、最新情報が得られ今後の参考にできることでしょう。

マリッジリング・これから流行することとは

ランキングなどを参考にしても、この数年はセミオーダーやフルオーダーなどこだわりを詰め込んだ指輪を結婚指輪に選ぶ方がほとんどです。このところでは、結納や結婚式、結婚写真などすべて「ナシ」にするいわゆる「ナシ婚」が増えています。お金がないなどの理由から結婚指輪も作らないカップルもいるようです。夫婦の証として指輪を購入する資金はないけれど、おそろいのブランド品小物を用意して結婚指輪のような誓い・契りの品物として代用する夫婦も増えています。中には、結婚30年などの区切りに改めて結婚指輪を用意するケースも増えているので、このところでは、新婚カップルが用意するものという意味合いでの結婚指輪という体はなくなりつつあるようです。